ロゴ
HOME>イチオシ情報>保険を活用して矯正治療にかかる費用を節約することが可能

保険を活用して矯正治療にかかる費用を節約することが可能

歯医者

保険適用の条件

歯列矯正の治療を行えば美しい歯並びや正しい噛み合わせを得ることができますが、こうした治療は高額になることも多く、それゆえ治療を躊躇している人も少なくありません。歯列矯正は自由診療が基本ですが症状によっては保険適用される場合もあります。額変形症や先天性異常と認められた場合に所定の外科手術を受けるのであれば手術や入院、器具を使った矯正まですべて保険適用されることとなり、治療費は大きく抑えられます。適用となる例かどうかは歯科医院の診察や検査で判断されますので、まずは相談してみることがおすすめです。さらに医療費控除の対象となるケースもあり。対象と認められた場合は自費診療の場合もより安く治療を受けることもできますので、こちらも相談してみましょう。

歯型

混合診療に注意しよう

費用が高額になりがちな歯列矯正も保険適用されればかなり治療費は安くなります。そして、注意したいのはいわゆる混合診療を行っている医療機関もあるということです。これは保険診療と自由診療を混合した治療のことを指しますが現在では原則認められていません。とはいえ、例外的に認められている場合もあります。それゆえ、保険で安く治療を行えると期待していたのに、一部は自由診療だったために意外と治療費が高くつくという可能性もないとは言えません。治療費のトラブルを避けるためにも、治療前にはどのような矯正が行われるのか、費用はどれぐらいになるのか明確にしてもらうことが大事です。保険適用の治療を行う場合も、すべて適用されるのか、一部が自由診療になるのかは良く確かめておきましょう。